> > 知っておきたい返済時の利息について

キャッシングって?あなたのために詳しく解説するわよー!

知っておきたい返済時の利息について

キャッシングに限らず、お金の貸し借りを行う際には業者、個人かにかかわらず、
借りた金額に利息(利子)を上乗せして返済する義務が法律によって定められています。
貸主と借主の間で利息について特に取り決めを行わなかった場合には年5%の利息を。
取り決めがあった場合には、そちらの利率分に従った利息を支払わなければなりません。

そして、この取り決めを行う利率についても、
出資法と利息制限法という二つの法律によって上限が定められていて、

出資法では20%まで
利息制限法では10万円未満は20%まで
10万円以上100万円未満は18%まで
100万円以上は15%まで


という具合に元本ごとに決められています。

キャッシングなど業者から融資を受ける場合には、必ず利息についての条件があり
この利息に基づいて返済をすることになります。

借入先によって異なる利息設定をしっかり理解しておく

これらの利息は、上記の出資法と利息制限法の範囲内で設定されることになるので、
20%を超えることは原則としてありません。
キャッシングを利用可能な銀行、クレジットカードキャッシング、消費者金融の
利息設定をおおまかに表すとこのようになります。

銀行 3.0%~15%
クレジットカードキャッシング 15%~18%
消費者金融 4.0%~18%

元本によって上限利息が変るために、このような形になるわけですが、
クレジットカードキャッシングの最低金利が高めなのは、100万円を超えるような
元本を想定していないためです。
小額での利用の場合には、それぞれの高い方の金利が適用されますので、
消費者金融とクレジットカードでは、それほど違いがないといえます。

逆に大きな金額での利用では、それぞれの低い側の金利が適用されます。
元本の大小に関わらず、金利面においてはやはり銀行が最も低く、
利息負担を少なく利用できるというわけです。

しかし通常の借入ではこれだけの利息負担が必要なわけですから、
無利息サービスのお得さがわかるというものです。