> > 審査で重視される項目

キャッシングって?あなたのために詳しく解説するわよー!

審査で重視される項目

キャッシングをしたいとき、必ず審査が行われます。
これに通過しない限りお金を借りることはできないのですが、
ではこの場合に重視されることとはどんなことなのでしょうか。
まず、第一に安定した収入があることです。
収入が無い人は返済できるわけがないですし、
消費者金融で借りる場合は総量規制というものがありますので、
年収の三分の一以上の借り入れはできないことになっています。
いくら限度額の増額を求めても、例えば
年収が300万円だった場合ざっくりといって100万円までしか借りることができないです。

この場合パートやアルバイトの方でも安定収入があれば大丈夫なのですが、
借入金額が多くなると、正社員であるという職業の安定もある程度重視されます。
そして一番大事な項目が、過去にも現在にも延滞の履歴が無いことです。
うっかり忘れていた一度くらいの延滞なら大丈夫な場合もありますが、
延滞したことがあると非常に厳しい状況になります。
また、延滞していなくても他からの借入がある場合は審査に
通らない可能性が高くなります。総量規制に引っかかっていなくても、
借入先の多い人は信用度が低いのです。

定着した収入があるのか

キャッシングの利用をすれば、その後に返済を続けていくと言うことが必要となります。
それが返済できる可能性が低いと、キャッシング会社も貸してくれないのですが、
その判断基準の一つが定着した収入があるかどうかです。
不安定であれば返済が滞ってしまう可能性があるでしょう。
収入の金額が大きいほうが良いと考えられがちですが、
それよりも定着しているということのほうが重要です。
そのほうが審査には通りやすいという傾向があります。

住所や勤務先が一定の期間いるものか

キャッシングの審査にはいろいろなものが影響してくるのですが、
同じ住所にずっと住んでいたのかどうかということや、
勤務先にずっと勤めていたのかということなどが影響してきます。
何事についても安定しているほうが良いとされます。
ですから、一定の期間は同じ住所に住んでいて、
そして同じ勤務先に勤めているということが審査の対象となります。
引っ越しを繰り返していたり、転勤を繰り返している場合には、審査に通りにくくなるのです。

他社からの借り入れがどれだけあるのか

キャッシングを利用するときには、他社からの借り入れが審査に影響することがあります。
その理由は法的なものと独自のものとがあります。
法的なものとしては総量規制があります。
他社からの借り入れを含めて、金額は年収の3分の1までに制限されています。
もう一つはキャッシング会社独自のものです。
他にもいろいろな借金があれば、返済可能性が低くなると考えられます。
そのために審査に通りにくくなると言うこともありえるのです。