> > カードローンの契約期限についての傾向と対策

キャッシングって?あなたのために詳しく解説するわよー!

カードローンの契約期限についての傾向と対策

カードローンの場合、契約期限というものがあります。
これは一度契約内容や金利、利用可能枠などについて見直しましょう
ということで設けられているものですが、これは数年に一度やってきます。
では、どうして契約期限というものがあるのでしょうか。
細かい話と思うかもしれませんがカードローンってなんだ?ということを知っておくことは
めちゃくちゃ重要ですから知っておいてください。

職場や住所が変更になる場合など

最近は転職などをする人も多くなってきました。
また、中には引っ越したり、収入が増えたりという人もいます。
こういうことが起きた場合、カードローン会社に連絡する必要があるのですが、
実はカードローンに登録している情報が何かあったときに
更新しているという人はあまり多くありません。

ですので、一度登録内容を見直し、契約してもいいか、
この人にお金を貸してもいいのかということを見直すのが、
カードローンに契約期限がある理由のひとつです。

このとき、カードローンによって契約期限が存在しているからといって
契約についてのさまざまなことが一度無くなってしまうというわけではありません。
普通に生活して、借りたものをきちんと返してさえいれば、
契約期限について更新されない人はいないのです。

また、ほとんどの人が返済実績が出来るので、
もしかしたら限度額が上がるかもしれないということは大いに期待できるのです。

きちんと返済を続けていればまず問題ない

また、契約期限が来たからといって借りているカードローンを
すべて一括で返済しなくてはならない、ということはありません。
カードローンの場合は借り入れした時の条件のまま返済し続けることになりますので、
そんなにあせるようなことはまずありません。

ただし、仮にカードローンの利用審査に通らず、限度額が下がったり、
契約更新ができずカードローンで新たに借り入れを行うことができないということもあります。

この場合でも返済中なのであれば、契約したときの条件に従って
カードローンを返済し続けることが可能です。
一度に一気に返すようなことは言われませんので、
返済を毎月きちんと続けているのであれば、忘れることなく返済し続ければいいのです